資金繰りを改善したいとお悩みの社長さんへ

「毎月の資金繰りがしんどい」

「もう少し返済金額を減らせると助かるんだけど」

こういうお悩みをお持ちではありませんか?

私も中小企業の経営者ですから、そのお悩み、よく分かります。

はじめまして。中小企業庁(九州経済産業局)認定・経営革新等支援機関、

オフィス・アキナガ代表 秋永隆由と申します。

大手石油販売業で10年、TSUTATYA加盟店で15年、主に経理部門で勤務した後に独立し、現在は中小企業さん向けに経理代行や経営計画作成をやっております。

また、銀行融資に関連する著書で10万部以上を販売した財務コンサルタントさんと提携し、銀行からの格付けが分かる決算書分析を行っています。

それを基に経営計画を作成・交渉した結果、次のような実例があります。

1.借入の長期と短期を見直して、資金繰りが楽になった。

2.眠っているお金を返済にあてて、借入利息が減った。

3.信用保証協会融資をプロパー融資に切り替え、保証料が戻った。

 

ただし、経営計画だけでは融資は下りません。

まず、貴社の財務状況をヒアリングさせていただき、どれだけ返済負担を減らせるのか、予想を立てさせて頂きます。(当日の所要時間2時間。直近3年分の「申告書」「事業概況書」「勘定科目内訳明細書」のご用意をお願いいたします)

コンサルティングフィーは、通常3万円(2時間)となっていますが、今回に限り1万円(税込み)と致します。
原則、社長様。または社内で一番財務状況を理解されている方のみのご参加となります。

 

顧問税理士さんがおられる場合も、ご安心ください。
私も複数の税理士さんと提携していますが、経営計画を作成し、税理士さんと共有することで、より早めの決算対策などが可能になります。大企業なら普通にやっっていることです。

また、税理士さんの多くの方に(私の体感覚では6割強)喜ばれます。
あなたの税理士さんが申告業務に特化しているのなら、ほぼ確実に喜ばれます。

少し、不満や心配をされるとしたら、申告業務に加えて経営コンサルティングも行われている場合になります。

しかし、私は税理士ではありませんので、もちろん、既存の税理士さんにもご心配・ご迷惑はお掛けしません。宜しければ、税理士さんに後日お伺いさせていただき、背景をお伝えさせていただきます。

ですので、「うちの税理士はどうかな…」と思わずに、ぜひ一歩お気軽に踏み出してみてください。この一歩が早ければ、再来月から、一気に資金繰りを楽にできる可能性が十分にあるのです。

ただ、私の能力にも限りがありますので、毎月先着3名様の受付となっております。

お申込みはコチラからご入力下さい。折返し、ご連絡を差し上げます。

オフィス・アキナガ 代表 秋永隆由