経理とは、経営の理り

(幼稚園の頃、父の整備工場にて)

 

僕の父は、とても腕のいい自動車整備士で、

母と二人で、小さな街工場を経営していました。

 

よその工場で直せない不具合も、持ち込まれた

クルマのエンジン音を聞いただけで、

すぐに原因を見つけるくらい、修理が上手。

 

母いわく「お父さん、そんなに直ぐに見つけたら

簡単と思われて、お客さんからお金もらえんやん(笑)」

とても怖かったけど、尊敬できる、憧れの父でした。

 

でも、お金儲けは上手でなく(笑)

いつも資金繰りに苦労してました。

「下手くその方が、何度でも修理して、金がもらえる」

と言って、父は苦笑いしてました。

 

母も結婚するまで、婦人服店で販売職をしてたので、

接客をしながら現金出納帳を付けるだけで精一杯。

 

もう少し母が経理に明るくて、資金の予測ができていたら、

もう少し父が、お金をもらうのが上手だったら、

二人とも、あんなに苦労しなくて良かったのに。

 

仕事のストレスも多かったのか、僕が大学3年の夏に胃がんが見つかり、

それまで数十年、風邪すら引いたことの無かった、鋼鉄のような体の父は、

半年も保たず、あっという間にあの世に旅立ってしまいました。

 

父の夢は、僕と弟が整備工場の後を継いで経営することでした。

今の僕の知識があれば、父を支えてあげられたのに。

 

真面目に仕事に取り組んでいるけど、経理までは手が回らない。

そんな経営者がいるなら、経理を通して応援したい。

 

あなたのこだわりは、きっと世の中をよく出来る。

きっとスタッフさんを成長させられる。

そんなあなたが、経理で躓いているなんて、勿体無い。

 

もっと利益を出して、もっと人生を楽しんで、

もっと設備・人材に投資して、取引先を潤して、

もっと納税して、社会に貢献して下さい。

 

あなたの力は、そんなもんじゃないだろう。

 

そんなあなたの、経理の負担を減らし

未来の可能性へつなぐ応援をしたい。