あなたが楽になり部下も成長する、部門別会計のススメ

とある車屋さんから、経営相談を受けていたときの話です。

「人手が足りない、お金も足りない」という悩みを打ち明けられました。

 

そこで今日は、「あなたが楽になり部下も成長する、部門別会計」についてお話します。

 

これは、ゲーム感覚で経営分析をやってしまうことで、

・社員に経営者の視点が芽生える。

・部下が成長することで、あなたも楽になる。

・利益が発生している部門に「ヒト・モノ・カネ」を投入できる。

という、一粒で3度美味しい(笑)改善策です。

 

ちなみに部門別会計とは、店舗やサービス別に利益を計算する、

大企業では当たり前にやっている経営管理方法です。

これが無ければ税理士さんでも原価率の増減を説明できない、

それほど大切な手法です。

 

私や顧問先が経験しただけでも

  • レンタルビデオ店の例:私がTSUTAYAの経理部長をしていたとき、

駅前の一等地で売上が一番大きい店舗よりも、

一番古いこじんまりした店舗の方が利益を上げていた。

  • 広告代理店の例:売上が増加しつつあるWEB広告よりも

旧来の紙媒体のほうが利益を上げていました。

  • 中古車屋さんの例:粗利率が高い中古車販売よりも、

粗利率の低い新車販売のほうが、最終利益は高かった。

など、沢山の改善例があります。

 

それって大変?と思うかも知れませんが、作業は3つ。

  • 売上を上位3つ、集計する。
  • ①の原価を   〃  。
  • ①の人件費を  〃  。

 

売上と原価の集計は社員さんに任せて、

部門別の粗利を出してしまいましょう。

社員さんの教育にもなります。

人件費は、社長さんが集計しましょう。

 

これだけで、会社の儲け頭が分かります。

資金繰りが楽になり社員のモチベーションもアップします。

 

さあ、あなたは今、ゲーム感覚で社員を成長させ、

自分も楽になる経営管理方法を手に入れました。

 

あなたは今日から実践に向けて動きますか?

 

それともキリ良く、

来月から実践に向けて動きますか?

 

僕のオススメは今日からです。

なぜなら、今日やらなければ

おそらく、明日、明後日、一ヶ月経っても

僕を含め多くの人はやらないからです。

 

そこである企画を考えました。

 

部門別会計を導入するために、

商品(サービス)上位3つの

売上と原価を集計した

車屋さん先着10名様に

「秋永のコンサルティング1時間」を

無料プレゼント致します。

 

ご応募は、こちらから。

 

あなたとコンサルティングの場で

お会いできることを心より楽しみにしています。

 

最後までご覧頂きまして、

ありがとうございました。

 

秋永隆由