やっぱり決算は、現金主義で。

簿記的には発生主義が正しいんだろうし、原価管理してると尚更そうかもしれないけど、

私の感覚としては現金主義のほうがキャッシュフローと一致するのでおすすめ。

なぜなら、売上がたっても手元の現預金にならないと実感がわかないから

「勘定合って銭足らず」とはまさにこれ。

今月納品しても入金が来月末ならその時にならないと使えないからだ(アタリマエのことだけど)

入金された時に売上、支払った時に仕入と経費、設備投資を除いては、利益=現金の増減になる。

もちろん決算時には納品済みのものを売掛金に計上する。

この時点で前期末の売掛金と洗替すれば、会計期間の「決算」時期で発生主義に修正できる。

つまり弥生会計で言えば4-3月は現金主義で決算を作成し、キャッシュフローと一致させる。

決算修正仕訳で発生主義に修正できる。

会計のプロからすると当たり前すぎて、それがどうした?って話ですが。

経営者にとっては、経理と財務の一致はとっても大切。

ということを考えながら、経理代行サービスをやっております。