はじめての運動会

はじめての運動会

すっかり放置プレイ状態のブログに、ご訪問いただきありがとうございます。さてさて、今日は長男の通う幼稚園の運動会でした。

あっしは準備のお手伝いを申し出ておりました関係上、朝7時過ぎに幼稚園に行きますた。2日前に喘息の発作が30年ぶりにでましたが、約束は約束です。守ります。決して愛する担任の先生に会いたかったからではありません。

集合の15分前に幼稚園に到着しましたが、すでに何人かのお父さんは準備にとりかかっています。テントを設置するスペースを作るために、遊具を移動しておりました。

さっそくあっしも駆け付けましたが、昨夜からの雨を吸った木製遊具はとても重くて、大の大人が4人で持ち上げようとしても、持ち上がりません。3人の助っ人が加わって、ようやく7人で持ち上がりました。さっそく移動を開始しますた。がしかし、お…重い。

どうやら、あっしが一番年長のようです。「皆さん大丈夫ですか?」と言ってはみるものの、大丈夫でないのは、どうやらあっしのようです。そして遊具を抱えたまま、あっしらが狭いところを通ろうとした時、若い先生(女性)が言いますた。

「そこ、タイヤがあるから気をつけてください!」見ると、あっしの反対側のお父さんたちの後ろにタイヤがありました。そこでお父さんたちは「あ、こりゃ引っ掛かったらイカンもんね」とばかりに、あっしの方向に面舵いっぱいを切った訳であります。

当然、あっしは後ろに押されます。するとあっしの足元にはいつの間にか、砂場の木枠が。さふですさふです、かかとの後ろに「ピタッ!」と木枠が張り付いているではアーリマセンカ。こりゃ転ぶしかないなー、と覚悟したあっしは華麗なる後転を決めたのであります。

「あー、大丈夫ですか?」叫ぶ先生「はい大丈夫です」答えるあっし。手伝いに行ったはずが却って心配させてしまった様です。「お名前をお聞かせください」「いえいえ、名乗るほどのものでは…」というのは嘘で、ちゃんと名乗りましたよ、はい。

その後もテントの支柱に手を挟んで血豆を作ったりして、まさに踏んだり蹴ったりの一日でしたが、初めて見るわが子の駆けっこやお遊戯は、ただただ感動するばかりでした。はい、ただの親ばか日記ですみません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

はじめての運動会 への4件のフィードバック

  1. なーおsan のコメント:

    おお~。ママは楽しむばかりの運動会、そんな御苦労があったとは。。お疲れさまでした。そんなパパたちの頑張りに感謝いたします。
    私は2回目の運動会でした。わが子が成長している姿を見るのは幸せですよね~♪

  2. なーおsanさん
    こんばんは。
    いやー、力仕事はやっぱり男ですよ。
    2回目ですかー。
    1回目とは違う幸せがあるんでしょうね。

  3. いやはや、大変な運動会でしたね~
    お疲れさまでした。
    保護者にとって、運動会などの行事がこんなにも
    楽しいものとは、思いませんでした。
    カヌーマンさんも、例外ではないようですね~
    わかります、わかります・・・
    いや~大きな怪我がなくてよかった。

  4. ネットお見合いの真莉さん
    こんにちはー。
    >保護者にとって、運動会などの行事がこんなにも
    >楽しいものとは、思いませんでした。
    …いやいや、ホントにそうですよねー。
    自分が出てた時より楽しいかも、です。

コメントは停止中です。